deco
deco
deco
deco
deco
deco
MAIN

森ノ宮医療大学

想いのすべてを、医療の力に。

学部・学科
  • 看護学部* 看護学科
  • 総合リハビリテーション学部* 理学療法学科 作業療法学科
  • 医療技術学部* 臨床検査学科 臨床工学科 診療放射線学科 鍼灸学科
    *2022年4月改組予定(仮称・構想中)
学校の特徴
  • 関西圏最大級の「医療系総合大学」で、"チーム医療"を学ぶ
  • 病院・医療機関との連携
  • 医療現場を重視した実践的な教育
キャンパス所在地
  • 大阪府
詳細を見る
deco
deco
deco
deco

STUDENT VOICE

STUDENT VOICE 01
STUDENT VOICE
患者さんだけではなく、ご家族の心にも寄り添うケアを。
看護学科 3年森川 想さん

私が看護師になることを決めたのは、かつて祖母がお世話になった看護師さんの一言。入院した祖母の傍らで何もできず、ただ不安だった私に「大丈夫だよ、そばにいてあげてね」と、声をかけてくれたのです。それで私はほっと安心し、救われた気がしました。このときの気持ちが今の私の原点。本学で学べるチーム医療において看護師は、患者さんとご家族に一番近い存在です。小さな心の動きも汲み取る姿勢を大切にしたいと思います。

所属・学年は取材時のものです

STUDENT VOICE 02
STUDENT VOICE
作業療法の考え方は一つじゃない。だから難しく、面白い。
作業療法学科 3年黒田 美咲希さん

2年次の授業で実際に患者さんのサポートを行った時のことが強く印象に残っています。立ち上がろうとする患者さんを見て、私は足が引っかかると思い、咄嗟に椅子を引きました。しかし指導者の作業療法士さんから「転んでしまう可能性もあるから、椅子を引かない方がいい」と指摘を受け、リスク回避をしたつもりが新たなリスクを生んでいたことを痛感。この経験から、臨機応変な対応が求められる現場の難しさとともに、一つのサポートに対してもさまざまな考え方があることを学ぶことができました。今後は「IPW論」などの授業を通して多職種への理解を深め、作業療法士としてできることを追求していきたいです。

所属・学年は取材時のものです

deco
deco
deco
deco
deco
deco

CHECK POINT

CHECK POINT 01
CHECK POINT
関西圏最大級の「医療系総合大学」で、"チーム医療"を学ぶ

「専門職間連携教育(IPE)」では、実際の症例を取り上げ、各学科の学生がそれぞれの専門性をもとに連携・協力して、患者さんを中心としたチーム医療について学修します。共通する症状などをテーマに、チームアプローチの方法について討議を進める症例検討会(ケースカンファレンス)を通して、他者の意見を聞き、自らの意思を明確に伝える力を身につけ、チーム医療を実践できる人材を育成します。

詳細を見る
CHECK POINT 02
CHECK POINT
病院・医療機関との連携

地域の基幹病院である大阪急性期・総合医療センター、大阪国際がんセンター、北野病院、医療法人錦秀会、医療法人協和会などの医療施設と相互連携協定を締結。実習先や就職先病院として学生の受け入れだけでなく、病院スタッフによる講義、臨学共同参画センターの設置、連携イベント開催などさまざまな取り組みを行っています。この他、大阪府を中心に628の実習提携病院・施設を確保しており、病院・医療機関との連携強化を進めています。

詳細を見る
CHECK POINT 03
CHECK POINT
医療現場を重視した実践的な教育

医療現場での経験豊富な教員が多数在籍し、教科書だけでは得ることのできない実践的な教育を行っています。また、医療現場で必要な論理的思考能力と自ら考えて動ける応用力を養います。
医師の資格を有する教員が数多く在籍しているのも医療に特化した本学の特徴で、それにより医師の視点も含めた「チーム医療」へのアプローチを学ぶことができ、多方面から学修できる教育体制となっています。

詳細を見る
deco
deco
deco
deco

2022年4月、森ノ宮医療大学はさらに進化し、深化する。

PR
deco

2021.4

[PR]
[PR]
[PR]
deco
deco